Ghost of Christmas

「クリスマスのオーケストラ作品を書いてほしい、、、」
最初イル・ド・フランス国立管弦楽団から、コンポーザーインレジデンスになって欲しい、というお話をいただいた時に伺った。

ク、クリスマスの作品?そういうのってだいたいイージーリスニングな音楽を書く作曲家が頼まれるものじゃないかな、とも思った。それに、この委嘱契約書を見た僕の出版社も「クリスマス作品なんて書けるの、ダイ?」と心配そうに言っていた。

そこまで心配されたら逆に書いてやろう、とも思った。
何かクリスマスの題材みたいなのがないかな、といろんな人に聞き回った。
びっくりすることに、あまり反応がない。

そこで、自分でも調べている時に考えついたのが、ディキンズの小説、クリスマス・キャロル だ。ここからインスピレーションを得て書こうと思った。

ゆらゆらと揺れるメロディと、寒いクリスマスの朝に暖炉の近くでプレゼントを開ける。。。

僕は15歳の時にイギリスへ一人で移り住んでいる。
イギリスに来た時には、僕の親代わりをするイギリス人の家族がいた。
そこの家族ではクリスマスは必ず暖炉の近くでみんなでプレゼントを開ける。(もっとも伝統的なこの家族では、エリザベス女王のテレビのスピーチをみんなで聞いてから開ける、というルールだった)。

そのプレゼントをクリスマスツリーの下から取り、それぞれ開ける。
プレゼントを開けるこの瞬間の喜びは、世界中共通なんじゃないか、と思う。

そうした、なんだか懐かしい感じのフレーズ、メロディがゆらゆらと漂う。
そこに後半からは雪がしんしんと降る。
弦のオーケストラがハーモニックス グリッサンドのスタッカートでしんしんと降り続く。

最後はジングルベルの楽器が、しゃんしゃん、と鳴って終える。

クリスマスは家族と過ごすもので、楽しい。
だけど、プレゼントを開けて、家族と食事をした後、
なぜか少しだけ物悲しくなるのは僕だけだろうか。

藤倉大