Flare


When writing this work I imagined sitting round a campfire as a child, watching the embers flaring off into the sky. The piece starts off with a lot of rather wild percussive sounds (pizzicato, left hand pizzicato, col legno, spicatto, bouncing bow, finger tapping, snap pizz. pizzicato tremolo etc.) and then combines with the imagined reverse sounds of those effects. As the piece progresses these reverse sounds expand to take over the piece. They then start developing and shape the texture. Finally the composition evolves into a slow motion arco rendering of the pizzicato sound and its reverse.

Dai Fujikura (edited by Harry Ross)


《フレア》
 この作品を書きながら、僕は、子どもになってキャンプファイヤーを囲み、空へパッと火の粉が燃え上がるのを見つめているところを想像していた。曲はかなり荒々しい、いろいろな衝撃音(ピッツィカート、左手のピッツィカート、コル・レーニョ、スピッカート、弓を跳ねさせる、スナップ・ピッツィカート、ピッツィカートによるトレモロ)で開始し、その後、それらの音のサンプルを反転させたような音(短いクレッシェンド)と結び合わされる。曲が進むにつれて、それらの反転した音のサンプルは拡大していき、曲全体を覆う事になる。その後、さらに展開し始め、テクスチュアを形成していく。最後は、ピッツィカートの音とその音のサンプルの反転のような素材がスローモーションで響いたかのような音を弓で演奏する。