映画「蜜蜂と遠雷」作中コンクール楽曲「春と修羅」を藤倉大が作曲!

ファイナリスト4人のカデンツァも登場人物に合わせて四様に作曲。
豪華人気ピアニストが演奏参加!

史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たした恩田陸の名作「蜜蜂と遠雷」が実写映画化(石川慶監督・東宝配給作品)され、今秋公開となります。

物語に登場する『芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール』の第二次予選の課題曲「春と修羅」を、ロンドンを拠点に世界を席巻する作曲家・藤倉大が書き下ろしました!

●藤倉大だから出来た、恩田陸作品のリアルな描写
4人の重要な登場人物―コンクールのファイナリスト4人―亜夜、明石、マサル、塵というまったく異なる境遇にある天才ピアニスト達のために、小説をじっくり読み込んだ藤倉が四者四様のカデンツァを作曲。恩田陸作品中の描写に限りなく近づけ、それでありながら藤倉大サウンドも充分に感じる事の出来る、音楽ファン、映画ファンそして原作ファンも楽しめる「春と修羅」が劇中で聴けるのです。

●“実写化不可能”と言われた演奏シーンを、豪華ピアニストの手により映像化
松岡茉優演じる亜夜役には河村尚子。松坂桃李演じる明石役には福間洸太朗、森崎ウィン演じるマサル役には金子三勇士、鈴鹿央士(新人)が演じる塵役には藤田真央という豪華人気ピアニストがそれぞれのキャラクターに沿った音を表現しています。

●ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019とのタイアップも決定
映画『蜜蜂と遠雷』とラ・フォル・ジュルネのタイアップが決定し、このタイアップを記念して、映画『蜜蜂と遠雷』セット券が販売されます。
藤倉大プロデュース・出演公演、福間洸太朗出演公演、金子三勇士出演公演の3公演を、まとめてお得にお買い求め頂けます。
3月16日(土)11:00から、東京国際フォーラム地上広場ボックスオフィス(窓口販売)のみの限定販売です。

藤倉大プロデュース・出演公演
「作曲家・藤倉大が考えるボヤージュ」(公演番号323)
日時:2019年5月5日(日・祝)13:30~14:15
会場:東京国際フォーラム ホールB7
曲目:
ライヒ:ディファレント・トレインズ
笹久保伸+藤倉大:マナヤチャナ から「プユ(雲)」
藤倉大:サイレンス・シーキング・ソレス(ハリー・ロスのテキストによる)

出演:
藤倉大(作曲、キーボード)
へんみ弦楽四重奏団
三宅理恵(ソプラノ)
笹久保伸(ギター)
永見竜生(Nagie)(サウンド・プロジェクション)

藤倉のみならず、豪華キャスト、スタッフ陣が本物を追求したからこそ成し得た至極の“音”が響き渡る映画「蜜蜂と遠雷」。これまでに体験したことのない最高の映画音楽世界にどうぞご期待ください。

<藤倉大コメント>
この度は「蜜蜂と遠雷」に出てくる架空の作曲家の作品の作曲をすることができ、その上に4人の全く違う今をときめくピアニストに演奏していただき大変嬉しいです。原作の著者恩田陸さんはこの架空の作品の描写を長く詳しく書いており、その表現全てを実際に反映し、なおかつ僕の音楽になっていて、一人一人のピアニストの個性がバッチリ出る曲、と言うものを目指しました。映画を観るのが待ち遠しいです。

<藤倉大プロフィール>
1977年大阪に生まれ、15歳で渡英。E.ロックスバラ、D.ランズウィック、G.ベンジャミンに師事。これまでに数々の作曲賞を受賞。ザルツブルグ音楽祭、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、バンベルク響、シカゴ響、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シモン・ボリバル響等から委嘱され、国際的な共同委嘱は多数。14年4月、名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスに就任。15年3月、シャンゼリゼ劇場、ローザンヌ歌劇場、リール歌劇場の共同委嘱によるオペラ「ソラリス」がシャンゼリゼ劇場にて世界初演された。16年4月、東京混声合唱団レデント・アーティストに就任。17年4月、革新的な作曲家に贈られる伊のヴェネツィア・ビエンナーレ音楽部門銀獅子賞を受賞した。東京芸術劇場で開催している世界中の”新しい音”が集まる音楽祭「ボンクリ・フェス」のアーティスティック・ディレクター、イル・ド・フランス管のコンポーザー・イン・レジデンスも務めている。録音はソニーミュージック、自身が主宰する音楽レーベルMinabel Recordsから作品集が、楽譜はリコルディ・ミュンヘンから出版されている。

≫公式ホームページ:
http://www.daifujikura.com
≫Minabel Records:
http://minabel.com/
≫スコアのオンラインストア:
http://www.daifujikura.com/un/shop.html

今後も藤倉大の活動にご注目くださいます様、お願い申し上げます。

ミナベル / Minabel Records