Calling

The title, "Calling" conjures up for me quite a vivid image that, in a time long past, someone is blowing a wind instrument on the hillside to send a signal or raise the alarm in the village on the other side of the valley. I don't know why I had this image in mind when I wrote the piece.

Calling was co-commissioned by the Tokyo Opera City bassoonist, Ayako Kuroki and Rebekah Heller of the I.C.E. in New York. I wrote it in the knowledge that I would be writing a Bassoon Concerto for Pascal Gallois to perform in my orchestral portrait concert at Suntory Hall in Tokyo. Writing Calling has given me a wonderful opportunity to study what the bassoon is capable of before I tackle the concerto.
Dai Fujikura (edited by Miranda Jackson)

僕にとってこの作品《calling》は、遠いむかし、誰かが丘の中腹で合図を送るため、あるいは谷の向こうがわの村へ危急を告げるために古代の管楽器を吹いているというイメージです。この作品を書いた時、なぜこんなイメージを心の中に持ったのか、自分でもわからないですが。
《calling》はパスカル・ガロワ氏、レベッカ・ヘラー氏、中川日出鷹氏らによって世界中で演奏されている作品です。奏者の一人の中川日出鷹は「重音などの自然的な部分と激しい跳躍の人工的な部分のコントラストとそれらの歌が美しい作品」と言う。
僕はファゴットという楽器ができることは何か、どんな可能性を秘めているか…を有能な奏者から、今回詳しく学ぶことができ、素晴らしい機会を与えられたと思っています。
この作品は後に、パスカル・ガロワ氏によって演奏される《ファゴット協奏曲》に発展されました。

[藤倉大]



- MENU -
top page

© Copyright Dai Fujikura. All rights reserved.